台湾での日常

台湾での日常

台湾人の老後の趣味

台湾は東アジアの国では幸福度が最も高いと言われます。それは、台湾人が現役で働いている時だけでなく老後においてもそのようなことが言われていますが、台湾も日本と同じように定年制度がありますが、日本ほど年金制度の充実がなく老後の生活もそれ...
台湾での日常

台湾で日本人がストレスを感じる時

台湾で日本人が暮らす時には日本と言語や生活習慣、ビジネス上の仕事の進め方が異なりストレスを抱える人がいます。短期旅行であればそのようなこともないでしょうが、長期滞在になるとストレスが蓄積されて、台湾で生活が出来なくなる人もいるほどで...
台湾での日常

台湾人の退職後の生活

日本では定年後も働き続ける人が多く、その理由は多くの日本企業は定年が60歳で年金の受給年齢が年々引き上げられて、現在満額受給が65歳からと言う歪みと定年後に生活を賄う貯蓄の不足が大きな理由です。では、隣の台湾では定年後はどのような生...
台湾での日常

台湾の日本の学校制度の違い

台湾はアジアの国では韓国やタイ、シンガポールと同じように学歴社会で、卒業した学校でその後どのような職業につけるかの厳しさがあり、目標の職業を目指すには熾烈な受験戦争を潜り抜けなければなりません。では、台湾の学校制度とは日本とどのよう...
台湾での日常

台湾(中国)と日本のビジネス言語の違い

台湾でビジネスをする時に気になるのは、中国語が分からない場合にはどうすれば良いのかと言うことではないでしょうか。 台湾の言語 台湾で使われる言語はもちろん中国語ですが、中国本土の言葉よりアクセントが弱く日本人にも聞き取りやすい発...
台湾での日常

台湾で暮らす日本人の人口推移は今後どうなるか

台湾で暮らす日本人の数は約20,000人ほどでアジアでは6番目でその半数は台北で暮らしています。10年前と比較すると若干の減少傾向にあります。 台湾で暮らす日本人 台湾で暮らす日本人の多くは、日本企業からの駐在員です。その他は台...
台湾での日常

台湾人から見た日本政治

日本と台湾の歴史は戦前にさかのぼり、1895年から1945年までの日本による台湾の統治に大きな影響があります。 この時代の日本は、当時発展途上国であった台湾に土地改革やアヘン中毒患者の撲滅、学校教育の普及などにより台湾の近代化を推...
台湾での日常

台湾の10年後の経済見通し

台湾経済は1人当たりのGDPが毎年2%を超す堅調な数字を示しています。2010年の1人当たりのGDPは38,400USドルでしたが2010年には55,723USドルと145%の伸びがあります。一方、日本は2010年が35,531US...
台湾での日常

台湾人と日本人の交流の歴史

台湾は日本にとり最も係わりの深い国で、様々な歴史があります。日本と台湾がもっとも深い関係になったのは、日清戦争後に調印された条約で当時の清国から台湾が日本に譲渡され、日本による統治が始まりました。この統治時代は1985年から1945...
台湾での日常

台湾に住む日本人が不便に思うこと

台湾で暮らす多くの日本人は、日本の企業から派遣された駐在員や現地で起業する人たちです。台湾では東南アジアの国にあるようなリタイアメントのビザ制度がないので、老後を台湾でゆっくりクラス人たちはあまりいません。台湾は日本と同じように漢字を使う国...
タイトルとURLをコピーしました