コロナ関連

コロナ関連

台湾のコロナ禍の中で、2021年浮気調査をした事例

2019年に中国で発生したコロナ禍は、2022年になっても衰えを見せることなく世界中に蔓延を続けるばかりです。その中で台湾は早めの蔓延防止対策が功を制し、世界でも稀なコロナ感染者の少ない国です。一方この対策は、台湾で暮らす人たちにと...
コロナ関連

2022年現在の台北の夜の状況

2019年に発生して、2020年に世界中に蔓延したコロナウイルスはその脅威から多くの国民に不自由な生活を強いられました。 その中で台湾はいち早く規制を強化したため、国内への感染防止は防げましたが海外渡航や外国人の入国制限などの問題も発...
コロナ関連

コロナ禍に台湾で発展したビジネス

台湾は経済成長率が安定して上昇していた国で、外国人観光者からの収入もそれ程多い国ではないので、比較的コロナ禍におけるビジネスへの影響はそれ程大きくはありません。 その中でも、輸出関連の半導体や電気製品などはコロナ貨で需要を伸ば...
コロナ関連

台湾の労働者の給料

台湾の労働者の平均給料は年収で44万台湾元(約224万円)と言われています。ところが、コロナ禍発生後の台湾政府による飲食業や百貨店などの接客を伴う業種の労働者の給料は減少しましたが、出入国の制限などを強化した結果、休業期間は最小限に...
コロナ関連

台湾の外国人観光客誘致計画

台湾はコロナ禍において世界の国々の中でも抑え込んだ国の一つですが、国内の行動規制の強化とともに外国からの入国規制をしたことで、2020年の観光産業は前年対比の86%減と大きな落ち込みがありました。この落ち込みに対して台湾はどのように...
コロナ関連

コロナ禍の台湾の経済事情

多くの国がコロナ禍の影響で経済環境が著しく落ち込んでいます。特に外国からの観光客が減少してインバウンド収益が減少しているのはどこの国でも共通です。台湾でも外国からの入国規制を早々と打ち出して、国内のコロナ感染は世界の国でも最も抑え込...
コロナ関連

2021年台湾のコロナワクチン接種状況

世界の国でもコロナウイルス対策が成功した国として評価されていた台湾は、パラオとのトラベルバブルを開始して徐々に規制緩和をしてきました。しかし、再び市中感染が始まりこれまで感染が抑えられていたことから2021年5月でワクチン接種率が人...
コロナ関連

コロナ後の台湾観光産業の見通し

世界中を取り巻くコロナ禍の中で、どの国も経済成長率が鈍化していますが、その中でも多くの影響を受けているのが観光産業です。特にインバウンドの比率が多い航空業やホテル業はどこも疲弊していて、コロナ禍の終息が待たれます。 アジアの観光立...
コロナ関連

コロナ後の台湾経済の見通し

台湾はコロナ禍において諸外国と比べて、水際対策が功を奏してウイルス感染の拡大はほぼ抑えられ、台湾国内の状況も安定していますが、国内の厳しい行動規制や諸外国からの入国規制で業種により厳しい状況が出ています。 これまで、コロナ感染者が...
コロナ関連

コロナ禍で業績を伸ばした産業 台湾編

台湾の新型コロナウイルス感染拡大防止対策は世界中で評価・絶賛されてます。その対策に自信を深めた台湾は、ワクチンの輸入と並行して、台湾バイオ大手の4社による国産ワクチン開発を推進しており、2021年7月から量産体制に入ると共に、輸出品目にも据...
タイトルとURLをコピーしました