2021年台湾のコロナワクチン接種状況

コロナ関連

 

世界の国でもコロナウイルス対策が成功した国として評価されていた台湾は、パラオとのトラベルバブルを開始して徐々に規制緩和をしてきました。しかし、再び市中感染が始まりこれまで感染が抑えられていたことから2021年5月でワクチン接種率が人口の3%程度と低い数値で、今後は大規模接種を準備していますが、世界的に不足しているワクチンが予定通りに届くのかが懸念材料となっています。

台湾の現在のワクチン接種状況

台湾では5月にコロナウイルスの感染が急拡大して、対策の不備とワクチン接種の遅れなどが政治問題となり、台湾政府もワクチン接種の整備を急いでいますが、供給が間に合わず6月20日現在でもワクチン接種者は約151万人と人口の7%ほどの接種率です。

接種率が少ない原因としては他国との政治的背景があるかも知れませんが、コロナウイルスの市中感染が防げたことで、ワクチンの手配が遅れその間に世界中にコロナ感染が拡大して供給できない事が大きな原因です。
この間に、アメリカや日本からも支援を受けてワクチン接種は進んでいますが、今後どれだけのワクチンが早急に手配できるのかが懸念材料となっています。
このような状況の中で、さまざまなトラブルも発生する場合がありますが、そのような時には現地で長年調査活動を続けて来た弊社にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました